グラフィックデザイナーの仕事内容

憧れる人がとても多く、人気があるグラフィックデザイナーは文字通りグラフィックデザインを、色彩やレイアウト、フォントなどデザインに関する知識、またそのソフトに関する知識などを身に付けた上で、行うデザイナーです。

ではグラフィックデザインとはどんなものでしょう。
新聞・雑誌や書籍、商品のパッケージやポスター、会社のパンフレットやお店の看板などにデザインがされているものがグラフィックデザインです。
つまり、何かデザインされていれば、その全てがそのデザインなんです。

その仕事については、先ずコピーライターやイラストレーターなど、他の専門家とチームを組む場合もあります。
このために他のスタッフに対する気配りをすることが大切です。
仕事の流れとしては、広告代理店や出版社などから依頼を受けたら、その企画内容や狙いなどを確認します。
そして、デザインを作成します。
作成したデザインの修正を何度も繰り返すことも多いでしょう。